神経がない歯

歯の黄ばみの原因

神経がない歯が黒ずむ原因と対策

更新日:

虫歯やケガなどが原因で神経がなくなった歯は、その部分だけ変色して目立ちます。
変色は黄ばむことがほとんどだけど、神経がない歯は黒ずむのが特徴です。

でもホワイトニングをすれば元通りになるから大丈夫!と思っていたら大間違い。
一般的なホワイトニングは効果が期待できないので、神経がない歯にピッタリな治療方法を選ぶことが大切です。

神経が死んだり、取ったりした歯が黒くなる原因

歯の神経は、虫歯などで取り除くことがほとんどでしょう。
そのときに血液の固まりや変質した成分、歯髄内の腐敗したものなどが象牙質に染み込むと黒っぽく変色します。

変色の程度は、神経を取った後の処置やどの程度神経が傷んでいたかによって変わってくるようです。
また虫歯が神経の近くまで進んでいたのに、神経を取らずに詰め物などでフタをしたときなども、気づかないうちに神経が死んでいることがあります。

まだ残っていた虫歯菌が、少しずつ神経を蝕んでいくからです。

それ以外にケガなどで強い衝撃を受けたときなども、知らない間に神経が死んでいたということが多いので注意が必要です。
見ただけでは出血しているのが確認できなくても、神経が含まれる歯髄内で出血して黒く変色することがあります。

こうして黒ずんでしまった歯は、一生懸命歯磨きをしても元には戻りません。
歯の黄ばみには効果的な一般的なホワイトニングも、黒ずみにはあまり効果がないと言われています。

ウォーキングブリーチによる対策方法

神経が死んだり取ったりして黒ずんだ歯は、ウォーキングブリーチという方法で漂白することが多いです。
歯の内部にホワイトニング剤を入れてフタをし、1週間くらいそのままの状態で生活します。
そうすると段階を踏んで、自然な白さになるようですよ。

ウォーキングブリーチ
ウォーキングブリーチの効果と費用

神経がなく黒ずんだ歯に対してもホワイトニング効果を発揮してくれるウォーキングブリーチ。 一般的なホワ ...

続きを見る

その名の通り薬剤を入れっぱなしにするので、歩いているときや眠っているときなども歯を漂白できます。
期間は希望の色になるまで複数回薬を交換することが多いので、大体1か月くらいと考えておきましょう。

神経がなくなったことで、歯茎の色が変色した場合も対応できるようですよ。
このようにウォーキングブリーチは黒ずみに効果的だけど、ずっと薬を入れっぱなしにするから痛みが出る可能性もあります。

似ている対策方法に、治療のときにだけ薬剤を入れるパワーブリーチという方法もあるので比べてみると良いでしょう。

ただ黒ずみの程度によっては、一般的なホワイトニングと組み合わせることもあります。
そうなると、ウォーキングブリーチよりも費用がかかってしまうかもしれません。

歯のマニキュアやセラミッククラウンによる対策方法

半永久的に白い歯を保ちたいなら、セラミッククラウンがおすすめです。
全て陶器の素材でできたオールセラミッククラウンなら、変色がほとんどなくプラークもつきにくいと言われています。

自分の歯を少し削ることになるけれど、自分の歯に近い色を選ぶことができるので被せものだと気づかれないと思いますよ。
また部分的な歯の矯正もできるので、歯並びが気になる人にとっては一石二鳥です。

ただ費用が高いという欠点があります。
でも神経が死んでいる歯は1本や数本程度だと思うので、しっかりした歯を思い切って被せるというのも良いでしょう。

歯のセラミック治療
歯のセラミック治療とは?

セラミッククラウンは本当の歯と見分けがつかないくらい自然なのが特徴です。 色が自然で長持ちする特徴が ...

続きを見る

もっと手頃に対策したいのなら、マニキュアを塗るのも良いですね。
歯の表面に専用の塗料を塗るだけなので簡単です。

歯医者で塗ってもらえば特殊な光を当てて固めてもらえるので、自分で塗るよりも長持ちしますよ。
1か月ほどで塗料が剥がれることが多いので、定期的にメンテナンスする必要があります。

これらは歯の黒ずみだけでなく、黄ばみで悩む人にもよく使われている対策方法です。

マニキュア
歯のマニキュアとは

歯のマニキュアは塗るだけで簡単だから、すぐに歯を白くしたい時にオススメです。 でも効果は持続するのか ...

続きを見る

まとめ

セラミッククラウンの次にウォーキングブリーチ、歯のマニキュアという順番で費用がかかります。
でもその順番でメンテナンスの頻度が少なくなるので、費用を含めた色々な点を考えた上で決めてくださいね。

安くて簡単なホワイトニング

わたしが実践している、ホワイトニング歯磨きを使った方法をご紹介しています。
以下のページをチェックしてみてくださいね。

>>わたしが歯を白くした方法

おすすめのホワイトニング歯磨き

管理人が特におすすめの、3つのホワイトニング歯磨きです。

プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥース

ボタニカルの力で歯を白くする歯の美容液。
研磨剤が使用されていないので歯が削れる心配がありません。
ココナッツオイルが使われているので、オイルで口をすすぐ、「オイルプリング」ができます。
お口の中をキレイにし、ホワイトニング効果もあり、お肌のリフトアップ効果まで期待できるんです!


リュミエールブランネージュ

リュミエールブランネージュ

歯科医監修の本格ホワイトニング。
研磨剤なしで、削らず、ステインをはがして歯を白くします。
経年劣化による歯の黄ばみも防ぐことができますよ。


ビースマイル

ビースマイル

ジェルタイプの薬用ホワイトニング歯磨き。
(1)アミノ酸の力で汚れを剥がし、
(2)リンゴ酸の力で汚れの付着を防止
(3)ビタミンCが歯茎を健康に保つ
の3つのケアで歯の白さを保ちます。
初回限定で半額で購入できます。

-歯の黄ばみの原因
-

Copyright© ホワイトニング歯磨き粉で白い歯になるブログ , 2019 All Rights Reserved.