海外製歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉、日本製と海外製との違い

更新日:

ホワイトニングの歯磨き粉は文化の違いもあり、国内と海外産で使用されている成分や効果などが違います。

日本製と海外製のホワイトニング用の歯磨き粉について、違いを知っておきましょう。

日本製の歯磨き粉の特徴

日本製のホワイトニング歯磨きは、研磨剤入りのものが大半です。
文字通り歯の表面を研磨することで、飲食物などから付着した汚れを取り除いて表面を白くする特徴があります。

歯が削れる
ホワイトニング歯磨き粉で歯が削れないか?

研磨剤が入っているホワイトニング歯磨き粉はあまり良くない情報が多いですよね。 やはり歯が削れてしまわ ...

続きを見る

ハイドロキシアパタイトなどの、歯の表面のエナメル質を補うタイプもあるけど、どれも歯の表面を元の歯の色に戻す効果が期待できるもの。

歯科医のホワイトニングは、薬剤が歯の内側の象牙質まで浸透して歯を漂白する効果が期待できるんですね。
モデルさんやアイドルなど、本来の歯の色よりも真っ白な歯の人を見かけることがありますよね。
色んな施術があるので一概には言えないけど、オフィスホワイトニングで歯を漂白して白くしている方が多いんですよ。

市販のホワイトニング歯磨き粉には、漂白する成分は含まれていませんので、元の自然な色に戻すのが主な特徴。
日本では市販の歯磨き粉で、歯を漂白することはできませんが、その分、安全性は高いと思われますね。

細かく言えば添加物なども多く含まれていますが、磨いただけで歯がボロボロになるような歯磨き粉はありません。
ただし磨き方が強すぎたり回数が多すぎれば、知覚過敏を起こす可能性は考えられますよ。

海外製の歯磨き粉の特徴

海外製のホワイトニングには、日本製には含まれないような成分が含まれています。

漂白成分が強い過酸化水素水が含まれるタイプも多く売られています。
過酸化水素水とは日本でも歯科医で取り扱うような、歯を白く漂白する成分なんですね。

過酸化水素水
過酸化水素水によるホワイトニングの効果と危険性

市販のホワイトニング用歯磨きを使った方法以外に、過酸化水素水でホワイトニングをする方法を聞いたことは ...

続きを見る

元は消毒に使うオキシドールと同じですが、それを薄めてホワイトニング用に開発されたものを使っているのです。
エナメル質だけではなく、象牙質まで浸透して歯を漂白するから、元の歯よりも真っ白にする効果があります。

効果だけを考えれば、見た目が良くなってメリットがあります。

わざわざ歯科医で高価なホワイトニングをしなくても、毎日の歯磨きで歯を白くできるのは魅力的。
元々の自然な歯の色では、くすんだクリーム色で納得できないという方は、本来の色よりもさらに白くできるのが嬉しいですよね。

また過酸化水素水が含まれていない場合でも、日本よりもホワイトニング成分が高濃度で配合されている商品も多いですよ。

海外製の歯磨き粉の注意点

過酸化水素水が含まれた海外製の歯磨き粉は、日本のホワイトニング歯磨きには無い魅力的な特徴がありますね。
だけど裏を返せば、日本の歯磨き粉には無いような強い副作用やデメリットもあるんですよ。

いつも過酸化水素水で漂白を続ければ、歯は白くなりますが、歯も歯茎もボロボロになる可能性があります。

危険な成分
ホワイトニング歯磨き粉に含まれる危険な成分

ホワイトニングを行う際に歯磨き粉が使われますが、実はあまり歯や歯茎によくない成分が使われているものも ...

続きを見る

例えば家庭でも漂白しすぎた布は、すごくボロボロになりやすかったりしませんか。
漂白は刺激が強いので、きれいにすることもできますが、そのものを傷めるリスクが高いのですよね。

だからこそ日本では、資格を有した歯科医しかこのような薬剤を使ったホワイトニングはできないようになっています。

個人輸入などで海外のホワイトニンググッズが身近になりましたが、使用するのは自己責任になります。
仮に強い知覚過敏を起こしたり、歯の表面のエナメル質が削れて象牙質がむき出しになってもだれも責任を取ってはくれません。

日本人の体質に合わせて作られた商品ではないから、体格の良い海外の方向けのホワイトニングが日本人の性質にも適合していると限りません。
リスクがとても大きいということをよく理解して、使うかどうかを判断することが賢明ですね。

まとめ

ホワイトニングと一言で言っても、海外製と日本製では大きな違いがあります。
日本のホワイトニングは物足りないと感じる方もいるかも知れませんが、安全を前提に作られているということを理解しておきましょう。
どうしても歯を白くしたいなら、審美歯科などの歯科医で相談するのが安全性も高いですね。

安くて簡単なホワイトニング

わたしが実践している、ホワイトニング歯磨きを使った方法をご紹介しています。
以下のページをチェックしてみてくださいね。

>>わたしが歯を白くした方法

おすすめのホワイトニング歯磨き

管理人が特におすすめの、3つのホワイトニング歯磨きです。

プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥース

ボタニカルの力で歯を白くする歯の美容液。
研磨剤が使用されていないので歯が削れる心配がありません。
ココナッツオイルが使われているので、オイルで口をすすぐ、「オイルプリング」ができます。
お口の中をキレイにし、ホワイトニング効果もあり、お肌のリフトアップ効果まで期待できるんです!


リュミエールブランネージュ

リュミエールブランネージュ

歯科医監修の本格ホワイトニング。
研磨剤なしで、削らず、ステインをはがして歯を白くします。
経年劣化による歯の黄ばみも防ぐことができますよ。


ビースマイル

ビースマイル

ジェルタイプの薬用ホワイトニング歯磨き。
(1)アミノ酸の力で汚れを剥がし、
(2)リンゴ酸の力で汚れの付着を防止
(3)ビタミンCが歯茎を健康に保つ
の3つのケアで歯の白さを保ちます。
初回限定で半額で購入できます。

-ホワイトニング歯磨き粉
-

Copyright© ホワイトニング歯磨き粉で白い歯になるブログ , 2019 All Rights Reserved.