管理人が試して効果があったホワイトニング歯磨き粉をご紹介しているブログです。

私は接客業をしているのですが、歯が黄色いのが気になって笑顔を作れずにいました。
ですが、お客様に無愛想な印象を与えてるのではないかと心配になり、歯のホワイトニングをすることを決心!

歯医者さんでやってもらうオフィスホワイトニングやホームホワイトニングについても調べてみましたが、費用と効果のバランスを考えて、少し特別な歯磨き粉を使うことにしました。

ここでは、おすすめの歯磨き粉と使ってみた効果をご紹介しているのと、なぜ歯が黄ばむのかや歯磨き粉以外のホワイトニングの方法についてもご説明していきたいと思います。

1.おすすめのホワイトニング歯磨きベスト3

わたしが調べた中で、特におすすめのホワイトニング歯磨きを3つご紹介します。

プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥース

ボタニカルの力で歯を白くする歯の美容液。
研磨剤が使用されていないので歯が削れる心配がありません。
ココナッツオイルが使われているので、オイルで口をすすぐ、「オイルプリング」ができます。
お口の中をキレイにし、ホワイトニング効果もあり、お肌のリフトアップ効果まで期待できるんです!


リュミエールブランネージュ

リュミエールブランネージュ

歯科医監修の本格ホワイトニング。
研磨剤なしで、削らず、ステインをはがして歯を白くします。
経年劣化による歯の黄ばみも防ぐことができますよ。


ビースマイル

ビースマイル

ジェルタイプの薬用ホワイトニング歯磨き。
(1)アミノ酸の力で汚れを剥がし、
(2)リンゴ酸の力で汚れの付着を防止
(3)ビタミンCが歯茎を健康に保つ
の3つのケアで歯の白さを保ちます。
初回限定で半額で購入できます。

管理人が使っているホワイトニング歯磨き

この中でわたしが今使っているのが「プレミアムブラントゥース」です。

プレミアムブラントゥース

抗菌作用やプラーク除去効果がある様々な天然成分が使われています。
中でも、ラウリン酸を主成分としたココナッツオイルは、オーラルケアではおなじみですね。

ラウリン酸は高い抗菌作用があることが知られていて、お口の中を清潔に保ってくれるんです。

そして、プレミアムブラントゥースの優れている点は、オイルプリングができること!
ハリウッドセレブ達も取り入れていて話題となっていたので、ご存知の方も少なくないでしょう。

オイルプリングは、インドの古くからの自然療法、「アーユルベーダ」の一つです。

詳しくは、アーユルベーダと統合医療ジャーナルに書かれています(英語の学術雑誌です)
>>アーユルベーダと統合医療ジャーナル

この学術雑誌によると、オイルプリングは、口の中にオイルを3~5分程度含んで吐き出してからうがいをすると書かれています。
研究の結果では、オイルプリングによってプラーク(歯垢)が減ったことが示されています。

プレミアムブラントゥースの公式ページでは、オイルプリングの時間は20分と書かれていますが、さすがに疲れます(^^;

わたしは4,5分程度で続けていましたが、十分効果があったので、このくらいの時間でも大丈夫ではないかと思います。

それでは次に、実際にどれくらいの効果があったのかお話したいと思います。

2.ホワイトニング歯磨きでどれくらい白くなったか?

ホワイトニングを始める前は、わたしの歯は黄色を通り越して茶色になっていました。
タバコは吸っていなかったのですが、タバコを吸っていると思われるくらい・・・

ですが、プレミアムブラントゥースを使い始めて2ヶ月後にはかなり改善して白っぽくなりました。

ホワイトニング歯磨き粉使用後

まだ少し黄ばんではいますが、元はタバコを吸っているのかと思われるくらい茶色かったので、ここまで白くなったのには正直びっくりしています。
前歯の一部が欠けて埋めていたのですが、その部分はあまり白くならずに茶色いままです。

なので、比較するとどのくらい白くなったか分かってもらえるかなと思います。

プレミアムブラントゥースは、90日返金保証があるので、初めは本当に白くなるのか心配だったのですが、安心して試すことができました。

また、初回限定で6,000円OFF(約60%引き)で購入できます。
わたしは続けて使っているのですが、、定期購入を利用すればずっと50%引きなので続けやすくて助かっています。

詳しくは、プレミアムブラントゥースの公式ページをご覧ください。

↓公式ページへ↓
>>【プレミアムブラントゥース】

3.海外製と国産の歯磨き粉違い

先程ご紹介した歯磨き粉は日本製のものですが、外国製の歯磨き粉が気になっている方もいるかと思います。
わたしも気になって調べたのですが、結局、国産の歯磨き粉を選びました。

なぜ日本製の歯磨き粉を選んだかというと、やっぱり安全性です。

海外製の歯磨き粉で歯が白くなると言われているものに含まれる成分として過酸化水素水があります。
過酸化水素水はオキシドールと呼ばれる消毒液にも使われています。

確かに漂白作用はあるのですが、歯や歯ぐきにダメージを与えてしまいます。

日本人は外国人に比べてはのエナメル質が薄いので、外国人に合わせて作られた歯磨き粉は日本人に合わないことがあるのです。

先程ご紹介した歯磨き粉は、国産で危険な成分も使っていませんし、研磨剤も使っていないので歯が削れる心配もなく安全です。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

海外製歯磨き粉
ホワイトニング歯磨き粉、日本製と海外製との違い

ホワイトニングの歯磨き粉は文化の違いもあり、国内と海外産で使用されている成分や効果などが違います。 ...

続きを見る

4.歯が黄ばむ原因

では次に、そもそもどうして歯が黄ばむのかについてご説明したいと思います。

歯が黄ばむ原因

  • 食べ物や飲み物による着色汚れ
  • タバコのヤニ
  • 歯石や歯垢の付着
  • 虫歯
  • 加齢
  • その他

わたしの場合は、食べ物や飲み物による着色汚れ、歯石、虫歯などが原因だったと思います。

それぞれの原因と対策について簡単に説明していきたいと思います。

食べ物や飲み物による着色汚れ

色の濃い食べ物や飲み物は、歯に色が付着しやすくなります。
どんなものに気を付ければいいかというと、カレーやコーヒー、赤ワインなどです。

どれも好きでよく食べたり飲んだりしていました。
最近はできるだけ我慢しています。

もし食べても、すぐに着色汚れを落とせる歯磨き粉でケアしておけば大丈夫!

食べ物飲み物による着色汚れについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

歯が黄ばむ食べ物
歯が黄ばんでしまう!着色汚れの原因となる食べ物、飲み物

毎日ちゃんと歯磨きをしているのに、歯の黄ばみが気になる・・・ それはもしかしたら普段何気なく口にして ...

続きを見る

タバコのヤニ

たばこによる歯の黄ばみはみんなご存知ですよね。
部屋の壁紙がたばこで黄色くなるのと同じで、タバコを吸っていると歯も黄色くなってしまいます。

ヤニによる歯の汚れは歯磨き粉で落とすことができます。

タバコによる黄ばみの原因と対策についてもっと知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。

タバコのヤニ
タバコで歯が黄ばむ!ヤニが着色汚れの原因になる理由

タバコを吸っていると歯が黄ばんでしまいます。 わたしはタバコは吸ってはいないのですが、このブログを読 ...

続きを見る


歯のクリーニング
タバコで黄色くなった歯のヤニ取りの方法

表面から見るとあまり気が付かない場合でも、歯の裏側が黒くなってヤニが付いていることもあります。 アイ ...

続きを見る

歯石や歯垢の付着

これは主に歯磨きをきちんとできていないことが原因。
歯石や歯垢が付着してしまったまま放置していると、歯磨きだけではなかなか落とせなくなってしまいます。

そういった場合は歯医者さんで歯石除去のクリーニングをしてもらった方がいいでしょう。

わたしも元は歯石だらけで歯がざらざらになっていました。
なので、はじめに歯医者さんでクリーニングしてもらいました。

歯石が取れてツルツルになったら、後はきっちり歯磨きをしているとキレイな状態を保てています。

歯のクリーニング
歯科医で行う歯のクリーニングの効果

歯の黄ばみやヤニをとってキレイな歯を手に入れたいなら、歯科医で歯のクリーニングをしてもらうのがオスス ...

続きを見る

虫歯

虫歯も歯の黄ばみの原因になります。
虫歯がエナメル質や象牙質にまで進むと、変色して黄色くなってしまいます。

虫歯による黄ばみはホワイトニング歯磨き粉だけではなかなか白くなりにくいようです。
歯の黄ばみを防ぐためには早めに虫歯を治療する必要があります。

さらに詳しい情報は以下の記事を参考にしてみてください。

虫歯
虫歯と歯の黄ばみの関係

歯の黄ばみは、虫歯や治療後の詰め物が原因のこともよくあります。 普段食べているものや飲んでいるものの ...

続きを見る

加齢

歳をとるとだんだん歯が黄色くなってきます。
歯の内側の象牙質が徐々に濃い黄色に変色していくからです。

これはどうしようもありません。
ですから、他の黄ばみの原因を予防して、できるだけ白い歯を保つようにしなければいけませんね。

お金に余裕があれば、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングをしてもらうのもいいでしょう。
象牙質の色が透けないように、エナメル質を加工してもらうことができます。

加齢
加齢で歯が黄ばむ原因

年齢を重ねると肌が衰えるように、実は歯も加齢で色が変わってしまうということをご存知ですか? 何だか最 ...

続きを見る

その他

代表的な黄ばみの原因をご説明してきましたが、他にもいくつか歯の黄ばみの原因になるものがあります。

このような原因での歯の黄ばみは歯磨き粉では対策できません。
歯医者さんに診てもらうのがいいと思います。

5.歯医者さんでのホワイトニング

歯を白くする方法として初めに調べたのが歯医者さんでのホワイトニングです。
わたしは費用面で結局あきらめましたが、調べた内容をご紹介したいと思います。

歯医者さんでのホワイトニングは大きく分けて2つあります。
オフィスホワイトニングホームホワイトニングです。

オフィスホワイトニングは歯医者さんで全てやってもらうホワイトニングです。
ホームホワイトニングは、初めに歯医者さんで専用のマウスピースを作ってもらって、後は家でホワイトニングをする方法です。

オフィスホワイトニングの種類

芸能人のような真っ白な歯になれますので、真っ白な歯になりたい方にはおすすめです。
ですが、不自然に白すぎるより、自然な白い歯にしたいなら、ホワイトニング歯磨き粉で着色汚れを落とす方がおすすめです。

オフィスホワイトニングには様々な種類があり、それぞれ効果や費用も異なります。
どんなものがあるか、代表的なものをご紹介します。

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングは、歯を白くする薬剤(ジェル)を使って自分で行うホワイトニングです。

ホワイトニングジェルを注入するためのマウスピースは歯医者さんで作ってもらう必要があります。
ホワイトニングジェルが漏れないように、自分専用にぴったりとしたものを作ってもらわないといけません。

ジェルが漏れると歯茎にダメージを与えて知覚過敏になったりするなど危険なため、とても注意して行わないと危険です。

自宅で行うので、オフィスホワイトニングと比べると費用は安くできます。
真っ白な白い歯にしたいけど、できるだけ費用は抑えたいという方にはおすすめです。

ですが、自分でするので、歯茎が痛くなったりなどのトラブルも多いようです。

ホワイトニング
ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違い

一体ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングのどっちを選べばいいの?と悩む人も多いでしょう。 そ ...

続きを見る


歯茎が痛い
ホームホワイトニングで歯茎が痛くなる原因と対策

自宅でホワイトニングができるホームホワイトニングですが、自分でやることになるので、歯茎が痛くなってし ...

続きを見る

また、オフィスホワイトニングほど費用はかからないものの、決して安いものではありませんので、わたしはホームホワイトニングよりホワイトニング歯磨き粉で十分かなという結論になりました。

歯科医でのホワイトニングの後もホワイトニング歯磨き粉選びが大切

せっかくお金をかけて歯を白くしても、白い歯を維持するためのケアを怠っては意味がありません。
白い歯を保つためには毎日の歯磨きが大切!

ホワイトニング歯磨き粉は歯を白くするだけでなく、白い歯を維持するためにも効果的です。
わたしが使っているものは、着色汚れを落としながらも歯が削れることがないものなので参考にしてみてください。

>>もう一度おすすめの歯磨き粉を見てみる

7.その他の歯を白くする方法

ここまでご紹介したホワイトニングの方法以外にも、歯を白くできると言われている方法があります。
ですが、調べてみると危険な方法もありました。

どんな方法があるのか、また危険性はないのかについてまとめてみましたのでチェックしてみてください。

良く聞かれる重曹は、研磨剤と同じ効果で、歯の表面が削れてしまいます。
ホワイトニンググッズは、海外製のものがほとんどで、日本人には刺激が強く危険。

なた豆や炭は天然素材で安全そう。
なた豆や炭を使った歯磨き粉も売られているので、そういった商品だと手軽に使えますね。

電動歯ブラシは効果がありますが、研磨剤なしの安全な歯磨き粉を選んでおかないと歯が削れてしまいます。
電動歯ブラシにお金をかけるなら、ちょっといい歯磨き粉を買う方がいいでしょう。

もちろん、余裕があれば両方揃えるのがいいんですけどね。

まとめ

様々なホワイトニングの方法を調べた結果、ホワイトニング歯磨き粉で歯の美白をすることに決めました。

なぜホワイトニング歯磨き粉を選んだかというと、

  • それほどお金がかからないので続けられる
  • キラキラの真っ白でなく自然な白い色にしたい
  • 歯茎が痛むなどのトラブルに合うのが嫌

といった3つが主な理由です。

ホワイトニング歯磨き粉にもたくさんのものがあります。
どんなものがあるか、できる限り調べた商品を以下のページでご紹介しています。

ホワイトニング歯磨き粉
オススメのホワイトニング歯磨き粉44個をご紹介

ホワイトニング歯磨き粉は、本当にたくさんの種類があります。 ここでは、管理人が調べた44個の歯磨き粉 ...

続きを見る

本当にたくさんの歯磨き粉がありますが、選び方としては、研磨剤が使われていなくて歯の着色汚れが落とせるものがおすすめです。

ぜひ、あなたに合ったホワイトニング歯磨き粉を見つけてみてください。

おすすめのホワイトニング歯磨き

管理人が特におすすめの、3つのホワイトニング歯磨きです。

プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥース

ボタニカルの力で歯を白くする歯の美容液。
研磨剤が使用されていないので歯が削れる心配がありません。
ココナッツオイルが使われているので、オイルで口をすすぐ、「オイルプリング」ができます。
お口の中をキレイにし、ホワイトニング効果もあり、お肌のリフトアップ効果まで期待できるんです!


リュミエールブランネージュ

リュミエールブランネージュ

歯科医監修の本格ホワイトニング。
研磨剤なしで、削らず、ステインをはがして歯を白くします。
経年劣化による歯の黄ばみも防ぐことができますよ。


ビースマイル

ビースマイル

ジェルタイプの薬用ホワイトニング歯磨き。
(1)アミノ酸の力で汚れを剥がし、
(2)リンゴ酸の力で汚れの付着を防止
(3)ビタミンCが歯茎を健康に保つ
の3つのケアで歯の白さを保ちます。
初回限定で半額で購入できます。

Copyright© ホワイトニング歯磨き粉で白い歯になるブログ , 2019 All Rights Reserved.